MENU

家庭用脱毛機での脱毛処理

家庭用脱毛器をムダ毛処理に利用する人がここ5年間くらいでかなり増えています。

家庭用脱毛機は、光を使うタイプ、熱を使うタイプ、遠赤外線を使うタイプなどがあります。脱毛サロンや美容外科クリニックでする脱毛ほどはトータルでお金がかからず、予約を取ったりする手間もかからないといったメリットがあります。

家庭用脱毛器を使うメリット

サロン・クリニックに来店する手間が省ける

家庭用脱毛器を使う理由として大きいのは「サロンに通うのが面倒」ってことです。ふらっと来店して施術してもらえるのであればいいですが、予約が必要になります。しかも毛周期の関係で1回脱毛した場所は2ヶ月空けないといけないなどサロン毎にルールがあっていつでも予約が取れるわけではありません。家庭用脱毛器なら「脱毛したいな」と思ったタイミングで自宅で脱毛できるのは気楽でいいです。

近年では関東圏を中心に脱毛サロンや脱毛を取り扱う美容外科に通う人が増えていますが、店舗数や施術室のキャパを超えて利用者がいる状況なので予約が4ヶ月先まで取れないといったことはザラにあります。
意外とエステサロンの光脱毛と効果は遜色ない

最近の家庭用脱毛器は良く出来ていて、サロンで脱毛するのとそう変わらない脱毛効果が得られます。 毛根組織を破壊する行為は医行為とみなされるため、エステサロンでは出力レベルを最低限のパワーに絞っています。 そのため、家庭用脱毛器のMAXレベルの照射と、サロンで脱毛するときの照射レベルは同じくらいの威力になっており、家庭用脱毛器だと効果がなくて抜けないということはありません。

ランニングコストが安い

脱毛サロンやクリニックに通うにしても脱毛は10回程度は通わないといけません。全身脱毛する場合、トータルでは30万円〜100万円程度の費用がかかります。
家庭用脱毛器なら、例えば脱毛器ケノンを利用する場合、初期コストとして7万円ちょっとかかりますが、標準で付いてくるカートリッジで全身脱毛を数回程度は脱毛できます。換えのカートリッジも1万円もしないので、使えば使うほどサロンやクリニックで脱毛するよりもトータルコストとしては安くなります。

人に見られるのが恥ずかしいアンダーヘアも自分で脱毛できる

人気の脱毛部位といえば両ワキ・足・腕の次くらいに来るのがVIO脱毛です。完全にツルツルの無毛にはしないにしても、アンダーヘアーの量や範囲を減らすと衛生的ですし快適です。ただサロンのスタッフさんに陰部が丸見えになりますので恥ずかしいからVIO脱毛はちょっと・・・という人も家庭用脱毛器なら誰にも見られずにデリケートゾーンの脱毛ができます。

手の届く範囲、目の届く範囲であれば短時間で脱毛できる

太ももや腕のような広い範囲の脱毛も、脱毛器があれば短い時間で処理することが可能です。ちょっと人に見られるのは恥ずかしいVゾーンのムダ毛など、デリケートな部分も家庭で処理することが可能になるのもうれしいところです。

どれほどの効果があるのか、家庭用の脱毛機について懸念を持っている人もいるでしょう。けっこう満足できるものに、口コミ情報サイトなどを見ながら丁寧に商品を選べば出会えるのではないでしょうか。それぞれの人によって異なるのが、効果の程度です。大事なのはすぐあきらめずにムダ毛処理を続けることで、脱毛効果がわかるまでは少し時間を要すると思っておきましょう。

効果は業務用脱毛機ほどではないとはいえ、脱毛するには十分です。万が一ムダ毛脱毛に失敗しても自分の責任になってしまいますが、たくさんの良い点が家庭用脱毛機にはあるのではないでしょうか。

家電は説明書など読まれない方が多いでしょうけど、家庭用脱毛機に関しては自分で脱毛処理を行う場合には、しっかりと取扱い説明書に目を通し、正しい使用方法で行うようにしてください。誤った使い方をすると、酷い火傷になったり、お肌を傷めることにもなります。

男性でも脱毛をする人は増えている

脱毛をするのは、女性が多いと思うかもしれません。 しかし、脱毛器ケノンの調査によると購入者の4割は男性なんだとか!?

最近では、女性と同じレベルで身だしなみを気にするという男性も増えているので、家庭用脱毛器の男性利用者は増加しているといってよいでしょう。

胸毛やすね毛が毛深い男性よりも、ツルツルとまではいかなくても清潔感のある肌の男性の方が女性の印象は一般的にはよいでしょう。

ダンディハウスなどのメンズエステではヒゲ脱毛が人気のコースになっていますが、家庭用脱毛器を利用される方の場合はヒゲ脱毛はもちろんですが、すね毛や指毛、胸毛といった清潔感を妨げる要素になる無駄毛を脱毛する目的で購入される方が多いようです。

実際、家庭用脱毛器やエステサロンの光脱毛はヒゲ脱毛するには威力が弱いのであまり即効性がありません。ヒゲ脱毛が目的であれば美容外科のレーザー脱毛を受けることをおすすめします。

ただ、すね毛や腕、指などの無駄毛であれば家庭用脱毛器でも問題なく生えてこない綺麗な状態まで脱毛可能です。男性のヒゲは毛根が非常に深いという特徴があるため光脱毛では効果が出にくいですが、すね毛や指毛は毛根がそんなに深くないため家庭用脱毛器でも問題ないのです。

Blog

2015/09/29 18:10:29 |
濃い毛への悩み女性で毛深くて悩んでいる方は多いかと思います。私もその一人でした。学生時代から毛が濃いことで悩んでいて、毎日が剃刀でのケアが欠かせませんでした。剃り負けして赤くなってしまったり、皮膚の下で毛が渦巻きになってしまっていた時は女として劣っている感じがしてがっくり・・・。剃刀で剃るとだんだん毛が濃く強くなっていく気がして何だかジレンマを感じていました。サロンとの出会いある時、毛が濃い悩みを共有していた友人が脱毛サロンに挑戦することを決意。徐々にですが友人の毛が薄くなって、毛穴が目立たなくなっていき、脱毛の効果を実感しました。今まで長ズボンやタイツで肌を隠していた友人がスカートを穿き始め...
2014/06/01 15:52:01 |
十分冷却し、ほてった肌を抑えたら、もっとも大切な保湿です。もともと肌には保湿がとても大切です。脱毛する際にも保湿が大切で、乾燥した肌では脱毛できないほどです。脱毛エステに行けば、乾燥している部分は脱毛してもらえないときもあるくらいです。脱毛処理する前にも保湿をしっかりして、脱毛後はさらに保湿する、というのが理想です。脱毛後の肌は、普段よりさらに水分が不足しています。保湿するものは、普段使っている化粧水や美容液でもいいですし、体用の保湿液を使ってもいいですね。化粧水などを冷やし、ほてった肌を静めながら保湿する、というのも役立ちます。冷却し、赤みを抑えつつも保湿が出来るので、冷やした化粧水などをコ...
2014/06/01 15:52:01 |
脱毛経験者が、口をそろえて言うことは、脱毛をするなら、1箇所すると他の部位も気になってくるということです。お掃除も、一箇所すると、他のゴミが気になる心理と似ていますね。最初はワキの脱毛から手を付け始めて、脱毛って効果が実際にあるので夢中になってしまうのですが、むだ毛が殆ど無くなるまでは、家庭用脱毛器が圧倒的に安くて早いけれど、殆どなくなってから先が苦戦するのでそこから先は、エステを利用して、1年間19800円くらいのレーザー脱毛で10年経っても綺麗という方がいます。家庭用脱毛器は、むだ毛の手入れが楽になるまでの状態にもっていってくれるのですが、その先のつるつるを目指すのなら、家庭用脱毛器ではち...
更新履歴